The 40th Annual Meeting of the Fukuoka Association for Acute Medicine 第40回福岡救急医学会

The 40th Annual Meeting of the Fukuoka Association for Acute Medicine
第40回福岡救急医学会

ご挨拶

大会長挨拶

第40回福岡救急医学会
会長 名取 良弘
(飯塚病院 特任副院長・救命救急センター長)

 このたび、第40回の節目の学術集会を2022(令和4)年9月3日(土)開催させて頂くこととなり、大変光栄に存じますとともに、会員の皆様方に厚く御礼申し上げます。
 今回の学術集会のテーマは、「救急医療と働き方改革」として、2024年からの医師の働き方改革のみならず、救急医療体制全体の問題として多職種でともに考える機会と致しました。大阪大学医学部附属病院 高度救命救急センター長・教授の織田 順先生をお招きして、テーマシンポジウムの基調講演を頂くことになっております。シンポジウムや特別企画では、各職種それぞれの働き方改革の実際を示して頂き、救急医療全体の改善活動の方向性を示して頂きます。
 また、本年4月の診療報酬改定で新設された「重症患者初期支援充実加算」は、厚生労働省の立案初期から関与させて頂いた経験から、その趣旨と加算算定時に求められる“入院時重症患者対応メディエーター”の役割と活動の実際をセミナー形式でしめし、皆様の理解を深めて頂く企画を盛り込みました。
 なお、2020年初頭から全世界に広がったCOVID-19感染症の為に、本学会学術集会は、2020年中止、2021年はWEB開催という変則的な開催でした。多職種を対象としている本会の特性から、本来は口演終了後のフロアでの質疑や教え合いなどの場が重要と考え、のがみプレジデントホテルでの現地開催を模索して参りました。しかしながら、第6波が終息することなく第7波に突入し、多くの都道府県で過去最多の新規感染者数の報告が続いている現状での現地開催は困難と考え、やむを得ずWEB開催に切り替えさせて頂く点についてご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。 皆様の多数のご参加を心よりお待ちしております。

謹白


令和4年4月吉日
第40回福岡救急医学会
会長 名取 良弘
(飯塚病院)

ページトップ